FC2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。その他に愛犬「空」の日常や趣味の話を紹介します。

エサ箱メンテナンスについて 

2018.05.29 Tue 20:46
エサ箱のメンテナンスについて

保存エサ箱、小出しエサ箱共に使用後は洗剤は使わないようにして普通にジャブジャブと水洗いした下さい。

乾かし方は水分が切れやすいようにエサ箱を逆さにして日陰干しが最適です。

エサ箱が乾いたら(水気が抜けたら)直接陽が当たらない場所に置いておけば大丈夫です。

保管方法でこれだけは避けて貰いたい点が1点。クーラーを洗って水に濡れたままの状態でエサ箱を中に入れてクーラーの蓋を閉めて(密閉状態)高温になりやすい場所で放置しないで下さい。高温多湿で密閉状態だと木が蒸されてしまい保管方法としては劣悪環境となります。大袈裟にいうとエサ箱がふやけてしまいます。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

↑投げ釣りランキング参加中です。ポチしないと許さないだワン!


キャバリア工房ショッピング・カートへ ←キャバリア工房ショッピング・カートへ!


スポンサーサイト
category:未分類
comment(0)| trackback --
記事編集

落とす 

2017.08.23 Wed 19:28
20170823185259fac.jpeg
201708231839485b6.jpeg

暑くてボーッとして怪我しないように注意していたがやってしまいました。
幸い怪我ではなくて上記写真の様に加工中に回転しているノコ歯の上にあとちょっとで出来上がるはずの製品を落としてしまいました。

刃物に当たりバーンとすっ飛んだ製品が手首を直撃し打撲。
機械もその時動いてはいけない場所が衝撃で動いてしまったらしく寸法が上手く出なくなってしまいました。
調整しても中々メジャー通りの寸法にならず長くなったり短くなったりで難儀しました。
何とかかんとかある程度まで調整出来ましたが50ミリの寸法がピタッと出ても250ミリに合わすと249ミリの長さで切れてしまう状態(長くなるにつれ寸法が短く切れてしまう傾向です)
暫くはそのことを頭に入れて仕事しなければならないから面倒くさいことになりましたです。

明日手首が動くか心配だなぁ・・・
category:未分類
comment(2)| trackback --
記事編集

磯投げ情報9月号 

2017.07.26 Wed 21:09
先月の取材はこの

磯投げ情報からのものでした。
3ページにわたって載ってます。
エサ箱作成のうんちく、エサ箱内でイソメがどの様な状態でいるのがベストなのか?とかけっこう詳しく紹介されてます。





興味ある方は是非買って見てちょ❗️
category:未分類
comment(0)| trackback --
記事編集

いっぱい! 

2017.07.21 Fri 20:41
フィクセル9Lのこだわりの一品

4室用を5つ。3つは注文品で既に行き先が決まってます。

下側を1室、上側を2室にした3室用を3つ。

上下共1室にした2室を1つ。
4室用と3室用の深さは45sタイプだけど2室用は35sと1センチ浅く作ってみた。


この画像で1センチ浅いのが分かるかな?

何故かこのフィクセル9Lの一体型エサ箱が人気あるんだよね!4室用が2つ、3室用が3つ、浅くした2室用が1つの計6箱あるから欲しい方がいたら問い合わせ下さいね。

そしてこれは

ダイワ10L用の3室エサ箱でいちばん右側は客注品で行き先が決まっているエサ箱で蝶番を付けたら完成です。左、中の2つはやっぱり余分に作ったものですからこれも欲しい方がいたらどうぞ!

これは

スペーザ25Lプレミアムクーラーのエサ箱セット。
じつはこれは作り直しの品。暑さでボーとしていたのだろうか?高さの寸法を間違えて作りお客様に送ってしまいお客様に迷惑をお掛けしてしまい急遽作り直しているエサ箱です。

毎日、毎日こんな感じでいっぱい作っているキャバ男なのであります❗️

話変わり、来週の火曜日に某雑誌で取材された時の事が記事として載っている本が発売されます❗️❗️
本が出たら紹介しますからね!そして本を買って

ちょおおおーーーだいね⁉️
category:未分類
comment(0)| trackback --
記事編集

針数 

2017.07.19 Wed 07:03
クラブ員のTATENBARIさんが高松海岸で行なわれたキスマスターズブロック大会で優勝しましたがTATENBARIというハンドルネームそのまま彼はいつも多点仕掛けで釣りをしています。例会の時は15本がメイン?釣れない時でも10本は下回らないのではないでしょうか?半日やって10尾がやっとという状況でも何故?それはTATENBARIさんが本物のトーナメンター、全国制覇を本気で狙っている人なんだろーなぁ・・と自分は思ってます。今年のシマノジャパンカップ全国3位の次郎長さんも全国制覇を視野に常に15本針で釣りをしています。他にも本気で全国制覇をと思い挑んでいる知り合いは殆どの方が釣れる釣れないに関わらず多点仕掛けで釣りをしています。彼等こそ本気のトーナメンターなんだろ〜と自分は思っています。(自分はトーナメントに参加していた頃でもプライベートでは6本がメインだったのでその時点で心構えが甘く、さしずめ本気で全国制覇を目指していないトーナメンター気取りトーナメンターだったんだな!と彼等と比較してそう思っています。
オモリにテンビン、仕掛け巻き、デコレーション仕掛けと本気?で色々やりましたが肝心の誰よりも多く釣る努力は多分本気の自信というものが無かったのでしょうか?誰よりも多く釣る努力はしていなかった!と思ってます。)
セミ、ブロック大会というものが行われるようになって一次予選?通過が誰にでも出来るようになり(数出れば当たる)何となく参加している気持ちが味わえるのでそれはそれで良し!ですがそれはあくまでそれはそれで良しという事。
全国制覇して良しとするトーナメンターとの差がここらにある気がします。
針数の話に戻せば、状況をみて多点仕掛けから針数を減らすのは容易に対処出来るけど慣れない多点仕掛けにするのは日頃の慣れが必要!
彼等はその一念の為に日々多点針で釣りをしているのでしょう!

自分は釣りを再開してもやっぱりメインは4本〜8本で釣りをしますけど、それがなにか?
category:未分類
comment(0)| trackback --
記事編集