FC2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。その他に愛犬「空」の日常や趣味の話を紹介します。

終了します 

2018.09.20 Thu 20:37
「特別企画特注品作ります」今日の時点で50セットを超えたので23日の日曜日で終了とさせて頂きます。

あまり目立った特注依頼はなかったけれど今回の注文内容を参考にして今後に生かしていきたいと思います。

頂き物のアガチスの短材はまだまだあるのでこだわりの一品で還元して行こうと思うので楽しみに❗️
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

↑投げ釣りランキング参加中です。ポチしないと許さないだワン!


キャバリア工房ショッピング・カートへ ←キャバリア工房ショッピング・カートへ!



スポンサーサイト
category:ネットショップ
comment(0)| trackback --
記事編集

傾向 

2018.09.17 Mon 18:35
特別企画の注文依頼は16日現在で32セット。

クーラー別で見るとフィクセル9Lが一番多く、次がダイワ10 L、3番人気がダイワ15 L。フィクセル9Lとダイワ10 Lは妥当なところですがダイワ15 Lは意外。フィクセル12 Lが振るわず1セットのみというのも意外。

特注内容で見ると保存エサ箱を3室にというのが一番多く、今のところ4室にというのは無し。深さの要望もあまりなく45Sがいいみたい。小出しはスライド石粉皿付にしてというのが多く6件、3室にというのは3件。これも意外だが小出しエサ箱は普通の2室小出しエサ箱のままというのが一番多い。

完全なオリジナルは2件のみ。これは少し寂しい。将来の人気商品になる様なアイデア特注を待っているのだが・・・
冒険はあまり出来ないといった感じかな!

その代わりオリジナルではないが過去の特注履歴を見て、それをというのが3件ある。

全部で50〜60セットをメドにしているのでこの企画はもう少し継続。

そしてその後になるが来月以降はこだわりの一品を充実させていこうかなと考えてます!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

↑投げ釣りランキング参加中です。ポチしないと許さないだワン!


キャバリア工房ショッピング・カートへ ←キャバリア工房ショッピング・カートへ!



category:ネットショップ
comment(0)| trackback --
記事編集

追加 

2018.09.09 Sun 09:35
スライド石粉皿付大容量エサ箱

お客様のご要望で作りましたが、ついでに2室用も作りました。
20180909093443029.jpeg

201809090934435c9.jpeg

石粉皿の分エサ室の深さが浅くなるので普通の大容量エサ箱よりエサ箱の高さを5ミリ高くして底板も1センチから5ミリと薄くして虫エサの容量を確保してあります。

この2つは新たに新商品としてカートで発売することにします。

特別企画の特注依頼でよく見ているなぁと思った依頼↓

両方共フィクセル9Lクーラーの保存エサ箱45Sで一見同じに見えますが
201809090934422c7.jpeg

右側のエサ箱のツバの部分の厚みを5ミリから1センチに厚くしてあります。
20180909093443a6d.jpeg


何故かと言うと

小出しエサ箱の枠の厚みが1センチなのでエサ箱のツバの厚みも1センチにしてクーラーにセットした時枠とツバの厚みを一緒にしてフラットにしたい為との事!
201809090934423d0.jpeg


この要望を受けた時、エサ箱の事をよく観察しているなぁと感心しました。

ごくごく簡単な依頼ではありますがこう言う些細な事でも特注依頼である事に変わりなく受注して製作しました。

これからどんな特注依頼が来るか楽しみであります!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

↑投げ釣りランキング参加中です。ポチしないと許さないだワン!


キャバリア工房ショッピング・カートへ ←キャバリア工房ショッピング・カートへ!


category:ネットショップ
comment(0)| trackback --
記事編集

オプション② 

2018.08.19 Sun 15:35
オプション①としてニス5回重ね塗りを開始したショップですが

近々、オプション②として小出しエサ箱グレードアップ化を追加する予定なので今日は先行してオプション②の内容を紹介して見たいと思います。
このオプション②は購入予定のエサ箱セットの小出しエサ箱をスライド石粉皿付小出しエサ箱に変更する為のオプションで
20180819150209b6c.jpeg
(左上がダイワ8L用、その横がフィクセル12 L用左下がフィクセル9L用、その横がダイワ10 L用)

縦横の寸法は各クーラー用の小出しエサ箱に合わせて同じサイズにしてありますが深さだけ↓
201808191502076ac.jpeg
8㎜深くして虫エサの入る容量を確保してあります。それとグレードをよりアップさせる為に底面は三角板付きにしてあります。

この通常の小出しエサ箱からこのスライド石粉皿付小出しエサ箱の変更オプションの価格は1000円の予定でいます。

(例 フィクセル9L用ペットボトル立て付きエサ箱セット5100円プラスオプション②1000円を選択してもらうと小出しエサ箱がスライド石粉皿付小出しエサ箱仕様のエサ箱セットにグレードアップ出来ます)

簡単な紹介でしたが興味ある方は来週中にはUPしますのでまたショップを見て下さいね!
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

↑投げ釣りランキング参加中です。ポチしないと許さないだワン!


キャバリア工房ショッピング・カートへ ←キャバリア工房ショッピング・カートへ!


category:ネットショップ
comment(0)| trackback --
記事編集

オプション 

2018.07.02 Mon 20:39
エサ箱にニスを5回重ね塗りしたものを6月の一月間サービス価格で販売していたが7月よりいよいよ正規価格とします。

方法としては新たにオプションのカテゴリーを作りオプション(ニス5回重ね塗り)としてカートに載せます。

ニス5回重ね塗りの価格は1200円とすることにします。

で今、ニス塗りの工程を撮影中なのですが

やつぱり違いが分かりづらくて難しい

今現在の工程の画像はこんな感じ⬇️

工程①ニス2回塗りしてある通常のエサ箱の蝶番を外します。(当然ながら蝶番取り付け部分にも塗り残しが無いようにニスを塗ります。
20180702195527583.jpeg
工程②蝶番を外したら240番のサンドペーパーで塗布面を研磨します。
20180702195539e02.jpeg
工程③サンドペーパーはマジックテープ付きになっていて硬い木に貼り付けて研磨します。こうすることにより塗布面全面を均一に研磨します。
201807021955301f9.jpeg

工程④研磨し終えたらニス(水性ニスのクリアーを使用)を塗布面に塗ります。フタは表面を塗り、乾いてから裏面塗り、側面塗りをします。
20180702195541d59.jpeg
工程⑤保存エサ箱、小出しエサ箱も上面、底面と2度に分けて塗ります。塗布は工程④⑤で重ね塗り1回目となります。(通常のエサ箱はニス2回塗りなのでこれで3回重ね塗りとなります)
20180702195538053.jpeg

工程⑥完全に乾くのを待ってから工程④⑤を繰り返し4度塗り、5度塗りと繰り返します。
*ここからの画像がまだ決定していません。(テカリ具合の写真が上手く撮れないので困ってます)

取り敢えずこんな感じの画像をオプション画面に掲載してみますが今の感じだとあと数日掛かりそうですが

いい写真が撮れたらまたUPしたいと思ってます、です。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

↑投げ釣りランキング参加中です。ポチしないと許さないだワン!


キャバリア工房ショッピング・カートへ ←キャバリア工房ショッピング・カートへ!


category:ネットショップ
comment(0)| trackback --
記事編集