キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。その他に愛犬「空」の日常や趣味の話を紹介します。

神々の山嶺 

2016.03.11 Fri 19:28
IMG_3013.jpg
明日から映画が封切りだそうだが
1000ページを超える原作のどこまで表現してあるんだろう?
IMG_3012.jpg
右が神々の山嶺の文庫本。左の文庫本も文庫本にしては厚い方なのに・・・・・

山を扱った映画は好きなので久々に映画館で見ようと思ってるけど、あらすじみたいな内容だと嫌だなぁとチト心配してるんだわ。


明日はキス釣りに行く!

釣れそうだよ~ん!
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

↑投げ釣りランキング参加中です。ポチしないと許さないだワン!


キャバリア工房ショッピング・カートへ ←キャバリア工房ショッピング・カートへ!


スポンサーサイト
category:
comment(0)| trackback --
記事編集

春を背負って 

2014.12.20 Sat 19:19
IMG_1915_20141220183345e1d.jpg
山岳小説を読むきっかけとなった作品「春を背負って」

この本を読んだ時には既に映画化されていて、その映画のビデオがレンタル開始されたのでレンタル。

小説を映画化した映画って、正直つまらない

何故かというと、時間が短過ぎて小説で描かれた良さを表現し切れないからだ

特に小説に忠実であろうと思えば思うほど中身が薄くなる

それはまるで小説のあらすじといった内容に結果的に終始してしまうからだが・・・

だからこの「春を背負って」のビデオもまったく期待していなかった

のだが

この「春を背負って」は良かった!

設定をかなりの部分で小説とは違うかたちに脚色してあるのだが、しかし小説で描かれている大事な色合いは損なわれていなくて小説の読後感に近い表現力高い内容になっているからだ

この映画はどちらかと言えば小劇場用に作られ、それほど宣伝もしなかったのではないかと思うが

大々的に宣伝した「・・・・・・・」や「・・・・・・・・」みたいに宣伝した割に

なんじゃ、これっ?みたいな映画が多い中で、この「春を背負って」みたいなのが

日本映画にもあるのね!やるじゃん!って感じでありましたよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日は磐田OFCの呑み会親睦?釣り!に出るが

最近の寒波を考えると今月初のキスが釣れるかどーか?ってとこだろうね・・・・・きっと!
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

↑投げ釣りランキング参加中です。ポチしないと許さないだワン!


キャバリア工房ショッピング・カートへ ←大物用クーラー対応内箱のご用命もキャバリア工房ショッピング・カートにて!



  問合せ先   080-1563-6516  キャバリア工房  菅谷

category:
comment(0)| trackback --
記事編集

天空の犬 

2014.12.10 Wed 20:55
「天空の犬 南アルプス山岳救助隊K-9」という本を読んだ。

好きになれそうな作家がまた一人増えたよ!

棚が文庫本でいっぱいになってきた。こうして増えていく本を眺めるのも本読みの楽しみの一つだ。
IMG_1896.jpg

夜、コーヒーを飲み好きなカントリーソングを聴き本を読む・・・至福の時。
IMG_1757_20141210204652a72.jpg

カートの更新も忘れない
IMG_1863_2014121020500741e.jpg
↑ダイワライトトランク20L用
IMG_1869_20141210205008b4c.jpg
↑リョービプロターゲット20L用
IMG_1875_20141210205010265.jpg
↑シマノスペーザ18L用
IMG_1889.jpg
↑ダイワ10Lクーラー限定商品

ここのところ引き釣り用エサ箱より大物狙い用のクーラーに力を入れているんだからね!
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

↑投げ釣りランキング参加中です。ポチしないと許さないだワン!


キャバリア工房ショッピング・カートへ ←大物用クーラー対応内箱のご用命もキャバリア工房ショッピング・カートにて!



  問合せ先   080-1563-6516  キャバリア工房  菅谷


category:
comment(0)| trackback --
記事編集

印度放浪 

2013.03.16 Sat 23:09
読みたい本がないので懐かしい本を引っ張り出して読んでいる

「印度放浪」  藤原新也著
IMG_0760_20130316222609.jpg
印度好きの人には堪らない本である

文庫本だがそれでも一応初本版
IMG_0763.jpg

密かにビブリア古書堂の剛力彩芽ちゃん(栞子)に査定してもらおうか?

見て貰えればじつはそれなりの値が付くんじゃないか知らん、と思っているのだが?

この本は写真が多く載っているが、絵画も顔負けの写真が多く
IMG_0765.jpg
IMG_0766.jpg
写真を見るだけでも充分な秀逸本といえるんじゃないかな!


印度のことを書いた本には最近自伝的小説「少年H」が映画化されるそうで話題の妹尾河童の

こんなのも持っている
IMG_0774_20130316225713.jpg
残念ながら初本版ではないが(1985年4月5日発行でこの本は1985年12月5日/11刷。半年で11刷目ということだから、当時爆発的に売れたのだと思う)

この本も通には堪らない逸品かもね・・・・。



死ぬまでに一度でいいから行ってみたい国、それがインドです!
キャバリア工房ホームページへ ←ホームページはこちらです!

            問合せ先   080-1563-6516  キャバリア工房  菅谷

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑投げ釣りランキング参加中です。ポチしないと許さないだワン!
 
category:
comment(0)| trackback --
記事編集