fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

90日目のチロリ 

2008.10.17 Fri 23:00
90日目を生きるチロリ
IMG_2783.jpg
ごらんの通りに元気。
先日の遠征の時は冷蔵庫を弱にし野菜室で保管したのだが、それでも冷え過ぎるのか?それとも、1日海水を変えなかったのが影響したのか?
5匹とも砂の中から全身出ていてほとんど動かない状態になってしまっていました。
しかし、手あつい看病の甲斐あり生き延びました。ここまで生かしたのなら、この5匹は何としても年越しさせたい!
させてみせたいと思います、です。

ここで、改めて保管の方法を載せておきます。よろしかったら試してください、な。

入れ物は180×230深さ30mmのタッパー。それにチロリが潜れるだけの砂を入れ、海水を毎日変えるようにし、クーラーボックスで保管します。

IMG_2824.jpg       IMG_2830.jpg
タッパーは100均にて             クーラーは1600ℓ。タッパーが5段重ね出来ます。

保冷は今は平べったいペットボトルを凍らせ、朝と夜の2回交換。(夏場はこのほかアイスノンを付属品の内フタに入れてました。)海水は2ℓのペットボトル(現在は11本用意しています)に入れ、野菜室で保管。海水は水で薄めておきます。(海水7:水道水3)現在、イソメを2容器、チロリ3容器に入れ保管してますが使用する海水は1日2ℓで、惜しみなくタップリ使ってます。砂は粗めのものを三軒屋テトラで調達しています(海水も)。又、週2回砂を交換してますが、交換時にチロリが千切れやすいので細心の注意を払って交換するように心掛けています。海水で砂を払いのけ、チロリの姿が完全に見えるようにしてから割り箸掴み、別の容器に入れ替えるようにしています。(ペットボトル2本分はこの時使っているでしょう。)
IMG_2826.jpg      IMG_2828.jpg
この手のペットボトルを8本凍らせています。         タオルで巻き巻きします。

IMG_2829.jpg
巻き巻きしたタオルとタッパーの間にもう1枚タオルを挟んでます。


温度調節と新鮮な海水と砂。
このことさえキチンと守ればチロリは最早あなたのペット!間違いなし、です


明日は鮫島で地味~に釣りをすることになりました。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ 日曜日はなんと仕事なのだ!
    ↑ 投げ釣りランキング参加中!協力有難うございます、です!
スポンサーサイト



category:虫エサ飼育の記録
comment(0) | trackback(0)
記事編集