fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

重い命 

2010.03.01 Mon 19:56
以前紹介したキャバリアブログ「ハニョ&シャビの友達以上・恋人未満」
独身でキャバリアを飼い始めた男女がブログを通じて知り合い、ある意味電撃的な速さで結婚。そんな2人が人2人、ワンコ2頭で新居を構え生活を始めたのですが、新婚まもなく保健所に持ち込まれる放棄犬の一時預りを始めました。

今日は、その話しをします。

ご存知のように保健所に持ち込まれた犬は新たな飼い主が決まらなければ殺処分されてしまう運命にあります。
報道や動物番組で時折取り上げられますが、可哀想とは思っても何もしてやれないのが現実。やりきれない気持ちだけが後味悪く残るだけです。
しかし、この2人は意を決し一時預りボランティアということを始めました。
一時預り、新たな飼い主を見つけるのです。そういうボランティアの組織がありそこに参加したのです。

このワンコで3頭目。名前はスキップと名付けられました。
スキップ
新たな飼い主を募集し、お見合い、トライアルを経て正式譲保となり
責任を終えます。そしてまた、別のワンコの一時預りを始めます。

放棄され処分されていく犬の多さからすれば・・・と揶揄する人もいると聞きますが、助けられた絶対無二のその小さな命に未来が開けるのは確かなこと。助けられた1頭は単に運のいい(どの犬も捨てるような飼い主に飼われた運の悪いワンコです)犬ではなく処分されていく犬達の命の紡ぎの証しといえます。



何も出来ない人は決して悪くはない。悪いのはたとえどんな理由があろうとも結果として放棄する人。
えらいのはたとえ1頭でもと勇気を出して行動を起こした人。悪いのは自分は何もしないのに助けようと行動している人達をどんな理由であれ非難する人。



「ハニョ&シャビの友達以上、恋人未満」の2人に拍手です。

スポンサーサイト



category:日記
comment(0) | trackback(0)
記事編集