fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

ミラクルのキャバ 

2022.01.31 Mon 11:07
昨日、役員会から帰り何気なく近くのコンビニへ。
パンとパンに塗るシュガートースト(メープル風味)と春巻きを買い、d払いで会計。

店員がバーコードを読み込んで支払いを済ませた途端にスマホ画面に「抽選に当たりました」の文字と共にdポイントが3540円分付与されました。
「何?どしたん?」と思いながらd払いページで確認したら、なんと700円以上買い物したら自動で最大で500%のポイントが抽選で当たるというキャンペーンの1等当選という事が判明。
キャンペーンの存在自体知らなかったけど偶々買い物金額が700円以上の708円で抽選対象に該当しその結果の1等当選になったのでした。
2022013111000608c.jpeg

キャンペーン内容は
700円以上のお買い物をd払いで会計すると自動で抽選
1等500%
2等30%
3等1%
5回に1回の割合で1等〜3等のいずれかに当選。(但し、ポイント付与の最大は10000ポイントまでとする)
とありました。
つまり5回に4回はハズレ。5回に1回の割合で当選したとしても大抵は3等の1%だと思うから1等に当選する確率は?
と考えると

これって「ミラクル!」だよね!
(2000円の買い物で10000ポイント貰える計算だけど、こう言うのって2000円近い会計だと当選しても3等、700円ギリギリな会計だと1等になる確率ぎ高くなるみたいなカラクリがあるような気がするんだよね)

で、708円の買い物してポイント500%で3540ポイントGET!
これって「ミラクルのキャバ」と命名しても良いよねー!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
スポンサーサイト



category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

ミラクルのページ 

2022.01.30 Sun 17:53
今日はクラブの役員会が午後1時からと言う事でその前にちょっこしキス釣りするべ!という約束で駒場海岸へ。
202201301733382a3.jpeg
海に着くと磐田OFCの山Pさんとヒイラギさんが居たのでその横へ。クラブ役員会に出る仲間も入れると6名で固まっての釣りとなりました。

この中から今日のヒーローが誕生!独断場と言えるミラクルな釣りを披露した人が現れました。
その名もヒイラギさん!そう「ヒイラギのページ」のヒイラギさんです。

何しろ他の5名が5名ともアタリすら一度もないのに一人で

単発、単発、ダブル(しかも1尾は21.5センチ)、少し間を開けて今度は何と!トリプル!!そして次投ですぐ単発釣果と1人だけ釣果8尾のミラクルです!

みんな固まって釣りしているのに、何とまあ!!まさにミラクル独断場!
すごい事やってくれました!

今日の事は今後も仲間内でことある事に語り継がれる事でしょう!

まさに「ミラクルのページ」!そんな1日になりましたね!
ヒイラギさんっ❗️

で、自分は?聞くなよ、聞くな!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:遠州灘へGO!
comment(0)| trackback --
記事編集

思い出語り⑤ーキス釣りを学ぶー 

2022.01.29 Sat 19:50
本格的にキス釣りを始めようと決めたのはいいがどうして良いやら?
そこから考え直さないといけないレベルなので中々上達はしなかった。

取り敢えず竿は磯竿6号はやめてNFTの並継竿30号に。柔らかい竿に慣れ切っていたので並継竿に慣れるだけでもかなり手強かった。当時の投げ方はオモリを陸側に竿と一直線になる様に置いた投げ方をしていたのでこれを改めることに。
V字すら出来なかったので先ずはV字で投げれる事を目指したが教えてくれる人なんて勿論居ないからお手本はビデオ。
徳島麟友サーフ瀬尾さんの出していたビデオに同じ左投げの山村さんのV字と回転投法が詳しく紹介されていて、それ観て研究。海で実践しては家でビデオ見直し、次また海で手応えを確かめまた家での繰り返し。何十回、いや百回以上は確実に観たな。だから自分にとって山村さんは師。
その結果として5色出し切りまでは何とか出来、コントロールも良くなった。
ミチイトは当時PE1号だったかな?それでも充分細かった。リールはエアロ6000番。ビデオ観てとは言え自己流、その頃ではそんなものでしょ。
コントロールはかなりされてたと思う。狙ったポイントに投げれないのは飛距離が出ない事よりも失点だと思っていたのでコントロールして投げれる距離が自分の飛距離と思っていたから。
近くに投げるのも同様。たまに失投はするけれども今でもピンポイントに落とす事にかけて自信があるのはその頃の賜物だ。
竿は当然手持ちスタイルに変えたけど置き竿に慣れていたので最初は手持ちが辛かった。竿もリールも重かったしね。

キスの好ポイントの見極めは?
この点についてもかなり拘りがあり見極める為に実践していた事があったな。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

自営釣具店の衰退 

2022.01.29 Sat 11:20
今日知ったが天竜川東の駒場海岸へ向かう道と150号線が交差する場所に店を構えていた釣具店(エサ屋さん)も店じまいしてしまったとか。自分が釣り始めた時からあった店だったが・・・。
これで海沿いにある自営小売釣具店でエサを買おうと思ったら東は福田港太田川沿いの潮音釣具店、西は浜名湖まで行かないと無いことになるのか?
もう小さい自営釣具店では維持するのは無理なんだね。儲からないんだから後継者が居ない事もあるけど遠州灘の釣り人口はエサ釣りからルアー釣りへとどんどんシフトしてしまっているので多種多彩なルアーやルアー竿を扱える大型店でしか生き残れ無いんだろう。

ますます厳しくなるなぁ、遠州灘キス釣り事情!
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:自作釣り具
comment(0)| trackback --
記事編集

ショート発泡オモリ首折れ対策 

2022.01.24 Mon 12:17
出来るだけ全長を短くした発泡オモリを作り、実釣で使っているが使っている内にキャップと発泡の境目の所で首折れ発生。
発泡を極限まで短くした為に、オモリが収まる為の穴とキャップを差し込む為の首付け根の肉厚が薄くなってしまうのが原因だ。
キャップと発泡の部分だけ上から収縮ビニールを圧着すれば事足りると言えば事足りそうだが?それではなんだか面白くない。物作りに拘る人間の性分だ。

で、ちょっこし改良案を捻り出し実践してみた↓
202201241102008bf.jpeg
こんな風に↓
20220124110615b6a.jpeg
オモリをちょん切ってしまえば良いじゃん!って訳。(25号なら24号程度の重さになっちゃうけど)
後はオモリ側の形状に合わせて穴開ければ↓
20220124110330a9b.jpeg
キャップと発泡の境目の部分の肉厚が確保される計算。
但し、円柱状に発泡の穴を空けるのは結構大変。今までの穴開けは先細り状に穴を開ければ良いのでドリルである程度簡単に形状通りに掘れたけど、円柱状に開けるには先端を平らにしなければならないので、その加工がちょっと面倒なのだ。まあ、柱状の10ミリ径のルーターヤスリが有れば簡単だけどね。
20220124110504602.jpeg
道具が無いので手作業で1個取り敢えず空けてみた。中が黒く見えるのは(穴の形状がオモリの形状と違うとオモリを差し込んでグルグル回してみると形状の違う箇所は隙間が出来、その部分が白く残る)発泡の穴形状とオモリの形状が全面ピッタリの穴に空いているという事になる。

さあ、これでどうだろうな?
先ずは自分で暫く使い続けて見よう!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:自作釣り具
comment(2)| trackback --
記事編集

思い出語りー多鱚会の存在(続き篇)ー 

2022.01.23 Sun 19:35
かっこいいなー!

平然と4連、5連を連発するその人を畏敬の念を持って見ていた。
その人はかなり遅い時間に自分達の左側にやって来て支度も流れるようにこなし海に背を向けるや否やブンッ!と一閃して釣り始めた。そして少しして巻き上げ始めると波間からキスがゾロゾロ。ありゃ、ハリ数何本?その頃の自分達はキス釣りと言えば年配の仲間は3本バリ、自分は5本バリ(5本でもお前そんなにハリ付けると絡むぞー!と揶揄われたりしていたのに)
その人は7本とか8本とか付けてるみたいで毎投、最低でも3連はしていたのではないだろうか?4連5連しても何事も無かったかのような素振りでどんどんとキスを釣り上げていったのでした。

自分は何となくその人の事を「多鱚会」の人か!と思わずにいられませんでした。
「浜松多鱚会」!
その頃の自分はそのクラブの人達が雑誌に書く記事や写真を見て虜になっていたので、そりゃもう羨望の眼差しで見惚れるしかありませんでした。実際のところはクラブの人なのか違うのかは知る由もありませんでしたが、もしこの人が多鱚の人で無いとするならばきっともっと凄い釣りっぷりなのだろうか?と想像すると余計に見惚れるしかありませんでした。
その頃の自分にとっての「浜松多鱚会」というのは
当時、「Fマガ」という雑誌に熊野遠征の釣行記にて見た事もない様な大鱚を載せていたり、浜名湖の1番澪の砂場で可愛い女性にちょい投げのレクチャー記事と写真を巻頭カラーでド派手に載せていたり、25センチ以上のキスを釣ったら30000円という企画にクラブ員4名で挑み紙面を賑わせたり、また「Hello Fishing」という地元地域の雑誌では毎号の様にクラブ員の釣行記が書かれていたりとそれはもう釣り雑誌には「浜松多鱚会」の名が見れない時はありませんでしたから、もう憧れ中の憧れという存在であったのです。
20220123193007ce2.jpeg
(地方誌ではあるけれどこの雑誌の意義はとてつもない存在でした。創刊後の釣りの盛り上がり、人気は凄まじいものがありましたね。今となっては懐かしさしか感じ得ませんが)

あの人は多鱚会の人だったんだろうか?違ったんだろうか?それは今でも謎ですが、その日からです

自分が鱚釣りだけをターゲットにし始めたのは。
そして、何とか上達していつか「浜松多鱚会」に入りたい!そう決めたのは!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

思い出語り④ー多鱚会の存在ー 

2022.01.22 Sat 19:58
自分を投げ釣りの世界へ誘ってくれた会社は7年程で退社しました。
バブルが弾けた事が不満の始まりとなっていったのかな?
仕事の思い出はあまり無いけど遊んだ記憶は一杯過ぎるほどで楽しかったな・・・。
2022012217243892d.jpeg
ショートゴルフなんかは早朝割引スタートから日が暮れる寸前まで1日で18ホールを3周とか良く回って、その後呑み回ってグデングデンの馬鹿騒ぎしてスナックから朝帰りしてそのまま仕事へなんて事あったな。
こんな楽しい会社
20220122172142539.jpeg
(忘年会にて)
辞めなくても良かったんだけどな。

で、会社辞めるどの位前だったのだろうかNFTの並継竿買って回転投げの真似事を試みたのは?伊丹一さんのビデオや瀬尾さんのビデオ見て遠投したくなったんだと思う。でも並継竿(30号)は物干し竿みたいに硬く感じて直ぐに投げるのは諦めて暫くは出番なしとなったっけ。そう言えばその頃、PEラインが出始めて1号のPEを使う様になっていたな。直ぐバックラッシュして新品も買って直ぐに駄目にしてたけどね。また同時期かな?インナーロッドに憧れたけど高くて買うの諦めたのは。

投げで120メートル位飛ばせるようになったのは投げ竿ではなく遠投磯竿の5.3の6号を使っての事だった。ラインはPE。ほれ磯竿ってガイドが小さいでしょ!その小ささがPEラインには好都合だったようでトラブルもあまり無くラインの性能を借りて遠投出来る様になったみたい。長い磯竿のしなりも当時の自分の力量に見合っていたのかもと今思い返すとそう感じる。

いずれにしろ、それからだ!
120メートル飛ばせるようになってキス釣果が飛躍的に増えたのは。PEラインでキスのアタリも驚く程手元に伝わった事も大きかった。そしていつの間にかキス釣りばかりやるようになって行ったんだと思う。

その磯竿からお蔵入りしていた並継竿に替えるキッカケになった出来事。
そうあの事は鮮明に覚えているな。

その日、いつものように自分は周りの人よりもキスを沢山釣っていて鼻高々の気分で有頂天だった。まだ100メートル飛ばせる人が自分の周りではそんなに居なかったから120メートル飛ばせる自分の独断場だったんだ。
それが陽が高くなってからやって来た1人の釣り人によってああも見事に打ちのめされることになろうとは・・・
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

思い出語り③ーキス釣りの記憶ー 

2022.01.21 Fri 23:12
投げ釣りが休みの日の楽しみの一つとなり、それに合わせて投げ竿やリールも新しく買い換えていった。
ざっと思い出して書いてみると
投げ竿はNFTの振り出し竿30号の450を2本。リールはチタノスエアロ6000を2つ。石持釣りやボラ釣りは磯竿6号530と4号530。ハゼ釣り用も延竿の他にNFT(15号〜20号クラス)2本。小型リールも揃えたと思うが詳しくは覚えていない。竿ケースも頑丈で何本も入る物を(結果高額だったと記憶している)
竿立ては当時の遠州灘仕様でステンレス製の円柱タイプ2個(当時は殆ど置き竿釣りだったので)
その他の小物類なんかも色々増えていった。

道具が増えるのに比例して釣果もどんどん上がる様になったのはいつ頃からだろう?石持をクーラーに入り切らない程釣ったとかは多分3年目位だったとは思うんだけどあんまりハッキリとは思い出せない。
そう言えば石持の他にもウナギ爆釣とかハゼ爆釣とかボラの50センチオーバーを釣った時の歓喜とか結構思い出せるんだけどキスは?と思うと全然思い出せないんだよね。多分この頃は沢山釣った事なんて無かったんじゃないのかな。

キス釣りのについての良い思い出?時期としてはきっともっと後だったんだろうね。

回転投げ。そうだ初めて見た時の衝撃は覚えている。
自分達は夜が開ける前からの石持釣りだったと思うんだけど明るくなって周りが見え始めた時にすぐ近くの人がクルンと回るように(回るような?)して投げていたんだよね。えー!あれが漫画で見た事のある回転投げかっ!ってね。

で、やっぱ釣れていてスゲエって思ったのを覚えていたな。(でもその時はスゲーというだけで自分には無縁だと思ったと思う)
そうだね、思い出せるのはその位かなぁ?
まだまだ自分にとってのキス釣りはマイナーだったんだな、きっと!

では、いつからキス釣りにハマり始めたんだろうね?
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

キャバ男、テイラー・スゥイフトを語る 

2022.01.20 Thu 20:23
ハリは現在クリアーハリスを結んでいる。
ここのを全部結ぶと350本分。カラーハリスは7種類各100〜110本結んだので合わせると1100本近く結べた事になる。
クリアーハリス結び終えたらチモトに蛍光の粉を混ぜたカラーレジンを固着させる工程に入る。2月末迄の予定なのでのんびりとやるつもりだ。
20220120191052fbb.jpeg



今日もハリ結びと本読みを交互に時間を過ごした。
山岳小説が好きだがめぼしい文庫本は読み尽くしてしまっているので今日は笹本稜平の「あの峰の彼方」の読み返しを始めた。山岳小説と言えば昔は新田次郎、今は笹本稜平が1番好きだな。現代のもう1人の雄「南アルプス山岳救助隊k-9」の樋口明雄はクライム小説の要素が強いので山登りそのものを読む感覚から少し離れるからね。

そう、題名のテイラー・スゥイフトを語る。ね、
大人の女性になった今の楽曲は殆ど聴かないけど昔の(2005年頃のアルバムだったかな)デビューしたての頃のは今でもよく聴き、今日もデビューアルバム「テイラー・スゥイフト」を繰り返し聴き流していたんだ。
デビューの頃は歌声もまだ少女っぽくて曲もポップっぽいカントリー・ソングで素朴な洗練される前と言った感じで今聴いても心地良いんだな。世界的な歌姫になる頃からは洗練され過ぎて残念ながら純朴さや可憐さが消えてカントリー・ソングからは遠くなり自分の様な年配者からしたらキンキン過ぎてそれが残念。
ギターやバンジョー(今でも弾いてるけど)片手に歌っていれば良いって事ではないけれどカントリー・ミュージックの好きな自分にとってはね・・・。
でも凄いと思うよ、ギター片手に飾りも何も無い舞台で1人弾き語りで歌ってた娘がこうまで華やかな世界の歌姫と言われるまでになるんだからね!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

思い出語り② 

2022.01.19 Wed 20:25
釣りを始めて3年目位まではハゼ釣りが楽しかった。

前浜での釣りは男ばかりだが会社には投げ釣りはやらないけどハゼ釣りはやるという人が多くいた。男も女も。
女と言ってもオバチャンばっかりだけど男ばかりの釣りよりかは全然賑やか。おっちゃん達も普段より良い所見せようと鼻の穴を膨らましていたな。
2022011919441075c.jpeg
(懐かしさMAXの30年以上前の写真だ)
先日も書いたが当時若手中の若手(30歳過ぎてたけど)の自分の所にはオバチャン達が競う様に作った手料理を次から次へと食べて食べてと持って来てくれた。どれも美味しかったが「美味しい」の一言を待つオバチャン達の熱視線だけは恐ろしかった。が、そんな事は勿論言わない!言わない!言ったら最後強烈なヒップドロップが待ってるからね。

自分はハゼ釣りだけは当時から得意だった。束釣りは当たり前、2束以上なんて事もあった。
釣り場は浜名湖の山崎、白山鼻方面が多かった。型はせいぜい13センチ前後だったけど、あのギュウウウーンという糸鳴りと手応えが堪らなく興奮を誘ってくれて楽しかった。

投げ釣りが様になって来た頃からは天竜川の河口、福田港前外向きに流れる細い川の中、福田港内とへ1人でよく行った。福田港内のヘチ狙いでのジャンボハゼの手応えは今でも手に残っている。この頃の竿は延竿ではなく270センチ程度のちょい投げ竿でメーカーはNFTを愛用していた。(後にキス釣り用として初めて買った並継竿もNFTだったな。3万円台で買えたからお手頃でした)

その頃のキス釣りは自分にとってまだまだ3番手、4番手と言った頃の昔語りでありました。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

思い出語り① 

2022.01.17 Mon 17:53
東京生活から浜松市に戻り最初に働く様になった会社。その会社に釣りクラブがありそれがキッカケで釣りを始めた。
60〜70人な小さな工場で年配者が多く当時32才だった自分は社内中で3番目か4番目の若さだった。
貴重な若手という事で皆んなにあれこれ世話になり最低限の投げ釣り道具を揃えての初釣りは会社の釣り大会だったのを覚えている。
確か、ピンギスを1尾釣っただけだったので全然面白くなく並行して始めたゴルフに熱を入れたものだった。

それでも休みの度に声をかけられちょくちょく釣りに行く様にはなっていた。

クラブのメインターゲットは当時人気の石持。夜明け前から釣り始め陽が高くなり始めると1本は置き竿で石持狙い、もう1本でキス釣りがパターンだった様に思う。ただしキス釣りも置き竿で竿を手で持ってサビくなんて事はずっとずっと後になってからだった。秋はボラの風船釣りやハゼ釣りも釣りのターゲットに加わりそれにつれて釣り道具もどんどん増えていった。最初買った釣り具は投げ竿は5000円、リールは3000円程度。それでも安いと言う感覚は無かった。釣り具が増え始めるにつれて買うにも拘りが出始め、ボラ釣りで使う磯竿は10000円以上の当時の自分のレベルにしては高価な物を買いハゼ釣り用の延竿(リールでのちょい投げはしなかった)も長い竿、短い竿、硬い竿と何本も買った。
そして積極的に釣りを始める様になったのは釣りを始めて丸1年たった頃からだったと記憶している。
20220117155850708.jpeg
キス釣りに関しては当時石持、ボラ、ハゼに次ぐ4番目のターゲットだったせいか、まだまだおまけ的釣りの要素が強く本格的に興味を持つのはもう暫く後の事でありました。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

片栗粉? 

2022.01.13 Thu 12:33
自作で作った虫エサ用滑り止め粉が無くなった。
色々工夫して作って来たがハッキリ言ってどれもイマイチ。市販の石粉には敵わない。

で、今後どうしようか迷っていたがある動画によると片栗粉が滑り止め粉になるとの事↓
20220113122834fc8.jpeg
自分が知らなかっただけでこの片栗粉を石粉代わりに使うと言うのは昔から知れていたのだろうか?
正直自分で使って見ないと良いかどうかはわからないが次の実釣の時早速試して見ようと思う。

もし代用が効けばコスト的にも安価だし苦労して自作する必要もないし助かるのだけれど・・・。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:釣り雑記
comment(0)| trackback --
記事編集

今年の計画は? 

2022.01.12 Wed 21:32
去年は途中からショート発泡オモリばかり使っていて木オモリとムクオモリは殆ど使わなかった。
今年もショート発泡オモリオンリーで行こうって考えてたのだけれど、たまたま一年前のブログを見たら何とも驚いた。

一年前、原点回帰でやっぱりムクオモリが良い!なんて事を書いていた!
その記事見て思い出したけど、その前は軽いオモリ(12号〜20号)ばっかり使っていたっけ!

全くもって、いい加減もいいとこだよな。その時その時でこうも気持ちが変わるものかと呆れましたわ!

ま、それはさておき
今日は今年の釣りの予定をば語っちゃいましょうかね!

今年はね、夜釣り。真夏の世の夜釣りをやって行きたいなぁと思ってます。もう20年以上やってないと記憶してるけど夜釣りでの大物キス釣り狙いって奴ね。
三軒屋海岸で25センチ以上のキスを狙って釣りたかったけど、やっぱり日中は無理っぽい。ノーチャンスもいいとこ。

でも釣りたいなー!って考えると
じゃ!夜釣りならば多少のチャンスはあるかも?って思ってみた訳!

どう、夜釣り!いいんじゃね!ね!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

試し投げ 

2022.01.11 Tue 19:54
少し前に紹介した折り畳めるL字ブラ天を実釣で試してみました。
投げてサビいて回収しても天秤が緩む事なくL字の状態を保持したままならば合格。ロックした部分が緩みL字が解けてしまったら不合格です。
結果は5回ほど投げてサビいて回収を繰り返してもL字状態を保持出来たのでこの折り畳めるL字ブラ天秤は実用化出来そうなので見事合格であります。
20220111192512907.jpeg
実釣で使用中は↑普通のL字ブラ天秤。(L字が解ける事はありません)
でも仕舞う時は↓
2022011119232998d.jpeg
こんな風に折り畳めます。
元となった天秤は↓
202201111923318c9.jpeg
昔からある湘南?天秤(多分湘南天秤って言ってた気がする。違ってたらごめんなさい)
この天秤は投げる時だけ↓
20220111193346f0c.jpeg
こんな感じにL字になり飛んで行く奴ですね。(ただしL字の形になるのは投げた時だけで着底後はL字が保持されません)
この2種類の天秤の違いは(2つ目の画像と3つ目の画像を見比べて下さい)曲げ形状だけです。曲げの微妙な調整が必要ですがコツさえ分かれば誰にでも出来ます。
これ良いな!と思ったらよーく観察して一度作ってみて下さいな。

ただし自分の場合は重大な問題点が発覚!
自分はL字半ブラ天秤は使うけどこのL字ブラ天秤タイプはオモリがブラブラになり過ぎるのが嫌で使わないんです!
20220111195054d3f.jpeg
(オモリをチューブで半固定したこのタイプは使うんだけど)

作っても使わないんじゃ作る意味無いよねー!という事なのであります。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:自作釣り具
comment(0)| trackback --
記事編集

尽きて候! 

2022.01.10 Mon 18:30
今日の釣行は目標としては限りなく20尾以上を求めてではあるが実情は限りなく○ボの可能性の方が圧倒的に高い状況である。
なので少しでも投げる回数を増やす為に朝7時には浜に到着する様に家を出た。
場所は三軒屋海岸の河口寄り。
釣り始めは自転車を止めて突堤沿いを真っ直ぐ海に向った所から。ここから河口先端まで見渡せる。河口先端までルアーメェェンが10人位で多分彼らの車だろうが7、8台の4WDが河口まで点在。投げ竿を持った人は見当たらない。
見ただけで釣れてなそう?とわかる感じで苦戦の2文字が嫌でも頭をよぎる。

1投目、ハリ数は8本。追い風なので軽く投げても6.5色辺りに着水。1投目はいつでも心地良い緊張感があり身が引き締まる。どこでアタるか分からないのでじっくりじっくりと3色までサビき回収。何事も起こらずで、エサはハリに8つそのままの状態。これでは望みなし?と1投しただけで河口まで緩やかに続くワンドの中間点まで移動。ここでも1投。エサは8つ、又々そのままで戻ってきた。その後1投しては移動し河口先端まで辿り着く。河口先端までは400メートル位なのかな?かなり距離が短くなっていて天竜川から吐き出される川水が三軒屋寄りとなっている。河口先端や河の中にも投げて見るがエサ取りの気配すらない。この辺りで4〜5投したが一度だけグーフーが2連で上がってきたがそれ以外は生命反応なし。
その後戻りながら投げ続けるもその間エサは8つ、やはりそのままであった。

戻り切った地点で動くのを止め左右に投げ分ける釣り方で何投目だったか?ハッキリとしたアタリがやっとのことで入った。朝からずっとエサが取られない状況だったので○ボの覚悟をしていたが何とか1尾釣れた!でも後が続かずもう一度河口先端を目指すも状況変わらずまた元の地点まで戻りこの時点で2往復となった。身を軽くする為クーラーなしで来たので歩き通し、立ちっぱなしであった。流石にバテて座りたくなったので突堤から西の浜の方へ移動。座るのに丁度いいテトラのある場所で投げた後で腰掛けてひと休み。気力は残っていたので神経集中して投げ返す事数投目に
20220110151038dc3.jpeg
よもやのダブル(16センチと17センチ)。時は既に10時半過ぎの事でした。
これで息を吹き返したのか体力回復、気力充分。その後も数投して駄目だったので思い切って工事中の砂山を乗り越えてテトラ間ワンドまで足を伸ばしそこでピン1尾。そしてまた戻りつつ投げつつ、最初の地点まで戻って来た。戻って来たというより辿り着いたと言った方が正しいが。(苦行僧かっ!)
時間は午後1時。もう体力は尽きていた。残るは気力のみであったが午後2時半、その気力も萎え
尽きて候となり納竿とした。

これでもう、ここ三軒屋はやり尽くした。心残りは無い。
この後は心置きなく駒場、平松、鮫島へ気持ちを入れ替えられる事だろう!

そうそう、昨日爆った場所。今日は撃沈との事。その前々日に自分達がやった場所の方がまだマシだった様子。

202201101510527a3.jpeg
よくぞ釣れてくれましたの計4尾。16センチ〜17センチ3尾。12センチ1尾。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:自転車チャリ男釣行記
comment(0)| trackback --
記事編集

明日を読む 

2022.01.09 Sun 19:02
今日午後3時過ぎ、面白い情報が入って来ました。昨日自分達が入った釣り場で昨日は全く釣れなかった場所で爆釣したとの事。
しかし、少し離れた場所(昨日自分達が入った場所辺りも含め)では昨日より少しマシと言った釣果で、また爆釣ポイントから東〜1キロ付近では0〜2尾と撃沈との事。
この場所ムラの差はまさに驚く差と言って良いでしょう。

明日自分は他の場所へ行くつもりだったのでこの情報が入った時は驚きと共に明日行くしかないと迷いました。ましてや今日釣った人達は明日は旗日だけど仕事で来れないとの事なので混まないかも?と聞いたら尚更な事。

明日を予想すると
①爆釣ポイントがもっと拡大してその左右でも爆釣する。
②爆釣ポイントは今日同様釣れ、その左右では今日より釣れるが爆釣ポイントには及ばない。
③爆釣ポイント左右の釣果数は前日と差は無いが爆釣ポイントも爆釣とは言えない位に釣果が落ちる。
④全体的に釣果が落ち着き場所による釣果差が無くなる。

大雑把な4段階予想だが、明後日天気が崩れる予報なので崩れる前は釣れる傾向にあるという事から①が1番可能性が高く70パーセント②が20パーセント、③と④が各5パーセントと割り振って見ました。

では自分は予定変更して爆釣ポイントに行くの?となりますが

自分は予定通りに最初決めた場所に行く事にしました。
明日行きたい場所は自分が去年の春先から寒くなったら釣れると釣友達に宣言していた所でタイミングが合わずまだ一度も行けてない場所。
明日は間違いなく風もなく天気のいい1日なのでタイミングを考えたら明日逃したら次に行ける日が無くなってしまう可能性も考えられる。
という2つの思いから。

明日行く場所からほど近い場所では1月3日に1尾。昨日は生命反応が全く無かったという2つの情報を得ています。しかし、自分の行きたい場所は近くても非なる場所と言っていいほど条件の違う場所と考えているので自分で確かめるしか無いと考えての釣行でもあります。
目標は①最高で20尾。②叶わなければツ抜け。③叶わなければ取り敢えずの1尾。
可能性は
限りなく①もしくはそれ以上を求めて!しかし敢えなく限りなく③に近く!となるのかな?
20220109184040538.jpeg
(闘志を内に秘めて静かに明日のキスのアタリを待つ愛竿かな!です。)

さて、結果や如何に!多分最悪の結果になる可能性大!だとしても

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:釣り雑記
comment(0)| trackback --
記事編集

初釣りはツ抜けで終了 

2022.01.08 Sat 16:07
今日は2022年待望のキスの初釣り。
渚のA様が迎えに来てくれて浜に着いたのは8時頃かな?

クラブ員は自分とA様を合わせて6人程(1人は少し離れた場所に入ったみたいだが)

1投目は残念ながらカラを引き20メートル程西に動いて直ぐに初アタリで初キスを確保。
その後は1投1尾が続き11投目でツ抜け出来ました。(1回だけ3連)
20220108150251845.jpeg
アタリは1投2〜3回あるのだが上げたら1尾って事が多かったな。

もう少し東の方では最高6連で20尾超えが2人いた様ですが自分達の所ではA様も含め仲良くツ抜けといった釣果数。
自分はツ抜け後に連続してカラを3回ひいて計14投で10尾で終了という結果でありました。

この時期、毎投アタリを楽しめてのツ抜けならば御の字と言ったところでしょうね!
20220108150252a78.jpeg
型は14センチ〜15センチが4尾。13センチ強が3尾。10〜12センチが3尾。

明日は釣りは休み。明後日の月曜日に単独釣行で別の場所に行く予定でいます。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:遠州灘へGO!
comment(0)| trackback --
記事編集

呆ける 

2022.01.06 Thu 16:19
初釣り断念後、お昼過ぎまで寝入ってしまった。
年末年始休みで身体が鈍った状態で仕事でいきなり下半身に負荷を掛けたのと仕事終わりに往復で1時間かけて餌を買うためにチャリンコを走らせたのが原因で太腿と脹脛がパンパンで起き上がるのしんどいと思っていたらそのまま寝入ってしまったのだ。
こうなると頭もボワーンボワーンで起きた後も呆けたままの状態だ。
ふと後ろを見ると
202201061604480a8.jpeg
今日予定していた釣行の道具が退屈そうに放置されていて、その下の保存専門のクーラーボックスの中では未だにわーい!の合唱中である。
机を前にしていてもハリ結びは捗らない。2、3本結んではホエーっと溜息ばかり。
本読んだってそうだ。
20220106160619c53.jpeg
捗る訳ないよ・・・。

宮島屋釣具店が年末までで閉店したんだってね!ホエー!
コロナ感染者がまたぞろ急拡大し始めたね!ホエー!
今日の晩御飯の食材何にも無いんだけど!ホエーだ!

呆えー!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(2)| trackback --
記事編集

こりゃ、駄目だ 

2022.01.06 Thu 06:32
朝5時頃目が開くと何やら音がする。雨の音と書いて雨音だ。
えっ?この時間から既に雨なん?
すかさず、yahooと海天気JPでの2つの天気予報をチェックするとこの後も午後4時までずっと雨マーク☂️。

これで今日の初釣りは
おわた!

そしたら今日の初釣りは中止、と決断した直後から
何処からか何やら音が聞こえ始めて来たような?感じが・・・?
で、耳を澄まして見るとその音は沢山の小さな声みたい・・・。
で更に、よーく耳を澄まして声のする場所を探ると、どうやらクーラーボックスから?
えー、まさか?と思ってクーラーボックスのフタを開けて見ると
一つ一つの声は細く小さいが
何と!
わーい!わーい!わーい!わーい!わーい!わーい!わーい!わーい!わーい!わーい!わーい!わーい!わーい!わーい!と無数の声
今日生き延びる事が出来るとわかった1000円分のイソメちゃん達の声だった!

なんて事は・・ある訳ないな!
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

ころころかわる 

2022.01.05 Wed 21:34
天気予報がコロコロ変わる。

雨予報になったり曇りになったり、晴れ予報になったりして
そしてまた雨予報が復活。たった24時間でころっころとコロコロかわる。

晴れ予報に変わったから仕事終わってから30分以上かけてイソメ1000円買いに東海釣り具へ行って来たんだからさぁ!
雨だけはやめてけーれ、けれけれ🎵ズビズバー🎶パパパヤッ🎼

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

明日、初釣りへ 

2022.01.05 Wed 11:27
今日は仕事始め。

明日、初釣りへ行こうと思います。潮の加減からAM11:00に第1投出来る様に行ってPM15:00迄の4時間。
場所は釣れてる情報場所でも良いのだけれどそれではつまらないので別の場所へ単独釣行の予定です。

顔が見れればね!
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:遠州灘へGO!
comment(0)| trackback --
記事編集

昨日駄目でも今日は良し! 

2022.01.03 Mon 15:38
昨日は厳しかった遠州灘地方の釣果。今日は釣れたと人伝えに聞きました。
自分は年末年始の不規則生活が祟り昨日夜8時過ぎに布団に入ったのに夜中の4時近くまで目が冴えて眠れず本読み始めたらいつの間にか寝れたようで目覚めた時は7時半回ってました。

早めた初釣りも結局は先延ばし、次の予定日は6日の木曜日。午前中0.2.〜0.4㎜の雨予報になっているが予報が外れそうなら釣果情報場所へ行ってみようっと。駄目なら8日以降の3連休と1番最初の初釣り予定日に逆戻りとなる。
釣りに出てしまえば足は軽いが出るまでが気持ちもお尻も鉛の様に重くなってしまう自分です。

せめて、ハリ結びは進めようと↓
20220103151009154.jpeg
5色目のカラーハリス結びに突入。今度はフラッシュピンク。
自分の使うフラッシュピンクはホンテロンではなくてもっとピンクの発色が鮮やかハリス。これもヘラ用です。
カラーハリスはこの他でもパープル、ブラック(これだけ普通のホンテロン)、グリーンを結んで行きます。全部で7色ではなくて8色でしたね。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

新年の釣果は厳しめ! 

2022.01.02 Sun 16:43
年末は20尾近く釣った猛者も居たようだが新年2日目の今日の釣果は1〜4尾の方が多かったと聞きました。
全国レベルのトーナメンターや遠州地方の名人クラスがやってこの釣果(当然○ボも多かった事だろう)は厳しいね。

風予報が良い方へ変わり午前中は5〜6メートルの風で収まりそうなので自分も今年の初釣行を早めて明日行こうな?と考えているがどうしたものかねぇ?
エサも12月16日に使わなかった500円分の生き残りが手元にあるだけだから流石に活きも悪い(苦笑)からなぁ・・・どうしたものか?

のんびりと本読んでる方がマシなんだろうな、多分。
20220102164207a39.jpeg

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:日記
comment(2)| trackback --
記事編集

オフ・シーズン 

2022.01.01 Sat 21:39
明けましておめでとう🌅ございます。

と言っても、キス釣りマニアにとっては暫くは辛抱の時期とあまりおめでたくは無いけどね!

まあそれも仕方ない。これからシーズン・インまでの間はもっぱら地味な作業に勤しんで行くとしましょうか!

という事で、先ずはハリを如何に沢山結んでおくか、これがシーズン・オフ中の最初の作業だね↓
2022010121100174e.jpeg
暮れの時点でオレンジ色とブルーのカラーハリスを各100本結び終え、3色目の赤ハリス結びに入り始めたところで年越し。
正月3日までは何もしないけど4日目辺りから再開して残りのカラーハリスを1月中に全部で700本が目標(チモトに蛍光粉を混ぜたカラーレジンを塗る作業を2月中に)
これだけでも6本バリ仕掛けで100セット以上にはなるね。
(次の作業はそれらを連結結びで3月中)

でもやっぱ、こう書いただけでもウンザリしてきて・・・めでたい気分も嫌でも萎むわなー。

・・・・・・・・・・
あっそうだ!釣り始めはいつから?って?
出来れば6日の木曜日だな!場所は鮫島?平松?駒場?それか三軒屋河口かなぁ・・!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
category:自作釣り具
comment(0)| trackback --
記事編集