fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

無名の人生 

2016.03.31 Thu 19:09
3月28日AM9:30、父が永眠致しました。

とうの昔に覚悟していたということもあり、そこには悲しみは無く涙無く

ただ、淡々と

ただただ、淡々と父の死という現実を受け止めるのみでありました。

「俺も、いよいよ終わりだな」そう言って、いつだったか布団に寝かせる時に背中に巻いた両手に一瞬力を入れたことがありました

いよいよ終わりだな・・・・


その時、父にいよいよと言わせたその思いに少なからず悲哀を覚え

そしてまた父の人生というものを一度も深く考えたことがないという事実に狼狽したことがありました

18歳の時に終戦となりその後遮二無二働くことを求められたそんな世代に生きた父の人生

答えではないが

寿命を全うしたかのように息を引き取ったその穏やかな顔に

俺の過ごした一生が悪かろう筈なかろうと言っているかのように思えたのでありました
スポンサーサイト



category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する