キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。その他に愛犬「空」の日常や趣味の話を紹介します。

針数 

2017.07.19 Wed 07:03
クラブ員のTATENBARIさんが高松海岸で行なわれたキスマスターズブロック大会で優勝しましたがTATENBARIというハンドルネームそのまま彼はいつも多点仕掛けで釣りをしています。例会の時は15本がメイン?釣れない時でも10本は下回らないのではないでしょうか?半日やって10尾がやっとという状況でも何故?それはTATENBARIさんが本物のトーナメンター、全国制覇を本気で狙っている人なんだろーなぁ・・と自分は思ってます。今年のシマノジャパンカップ全国3位の次郎長さんも全国制覇を視野に常に15本針で釣りをしています。他にも本気で全国制覇をと思い挑んでいる知り合いは殆どの方が釣れる釣れないに関わらず多点仕掛けで釣りをしています。彼等こそ本気のトーナメンターなんだろ〜と自分は思っています。(自分はトーナメントに参加していた頃でもプライベートでは6本がメインだったのでその時点で心構えが甘く、さしずめ本気で全国制覇を目指していないトーナメンター気取りトーナメンターだったんだな!と彼等と比較してそう思っています。
オモリにテンビン、仕掛け巻き、デコレーション仕掛けと本気?で色々やりましたが肝心の誰よりも多く釣る努力は多分本気の自信というものが無かったのでしょうか?誰よりも多く釣る努力はしていなかった!と思ってます。)
セミ、ブロック大会というものが行われるようになって一次予選?通過が誰にでも出来るようになり(数出れば当たる)何となく参加している気持ちが味わえるのでそれはそれで良し!ですがそれはあくまでそれはそれで良しという事。
全国制覇して良しとするトーナメンターとの差がここらにある気がします。
針数の話に戻せば、状況をみて多点仕掛けから針数を減らすのは容易に対処出来るけど慣れない多点仕掛けにするのは日頃の慣れが必要!
彼等はその一念の為に日々多点針で釣りをしているのでしょう!

自分は釣りを再開してもやっぱりメインは4本〜8本で釣りをしますけど、それがなにか?
スポンサーサイト
category:未分類
comment(0)| trackback --
記事編集

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する