fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

ハリの結び方について 

2020.03.29 Sun 16:36
一番はじめにハリを自分で縛ったのはいつの事だろう?

子供の頃からフナ、ハヤなどの川魚を釣りしていたが海での投げ釣りは30代前半からでハリを自分で結ぶようになったのもイシモチやキスの投げ釣りを始めてすぐのことだったように思う。

結び方はその当時の先輩だったか?本を見て覚えたのかは定かではないが兎にも角にもその頃から今日に至るまでその時覚えた結び方を通してきた。正しい結び方か否かなんてことはそれ以来気にすることもなかった。

自分の中では常識だった今までのその結び方だが釣友の「もう3000本は結んだよ」の一言で目がテンになりハタと思い当たった。

彼のハリ結びスピードが速いのは知ってはいたがそれにしても3000本って!

自分の結び方ペースではとても考えられない事。

他人がハリを結んでいるのを見る機会なんてそうそう無い(無いし、今更どんな結び方してるか?なんて気にしたこともなかった)からどんな結び方をしているか知る由もなかったからね。

それが今回の何気ない一言で「自分の今までの結び方ってひょっとしたら間違っていたのでは?」と気付かされるきっかけとなったのです。

そしてどうやったら彼のように速い結び方が可能となるのか考え結び方を変えて見ました。

考えた時間は数分、何故今迄気付かなかったのかと思えるほど簡単なことでした。(習慣というか思い込みというのかな?今迄の結び方になんの疑問も感じなかったから)

おかげで大袈裟ではなく3倍近いスピードであっさりと結ぶ事が出来るようになりました。

多分この結び方が普通の結び方であったのだろうから今迄の結び方や今回気付かされた結び方を敢えては説明しませんが(そんなの当たり前じゃん!って笑われるのが恥ずかしいからでもある)

もし、自分も結び方が遅い!と感じている方がいましたら結び方の再考をして見たら如何でしょうか?
20200329163339f96.jpeg

という、今日2回目の更新となる今回の記事でありました。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️

スポンサーサイト



category:自作釣り具
comment(0)| trackback --
記事編集

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する