fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

地元浜松でクラスター 

2020.07.25 Sat 18:01
先日コロナ禍に付いて書き込みしたが誤って削除。その書き込み通り、いや書き込み以上の感染、クラスターが発生し驚いている。浜松は愛知県の影響を受けやすいのでその愛知県で急激にコロナ感染が増えた経緯もあり浜松もかなり危ないと感じていたがその書き込みをした翌日に久々に感染者が1人出たと思ったらあれよあれよと言う間に感染拡大、クラスターも発生し今日25日に新たに30人も感染者が出てしまった。静岡県の4月〜5月の時の陽性者数が最大で40人強だったのが今日で70人を超えてしまった。
このコロナウィルスについてはインフルエンザより怖くないとか弱毒化しているとか言われ出し、況してやもとから若者は軽症で終わるという認識があったのでやはり若者から感染が拡大し出したのだろう。
自分にも経験があるが若い時は「なんだお前!○○が怖いのか?情けないなぁ!」と言われると「馬鹿野郎!怖くなんかあるものか!」と、このやり取りだけでもうムキになって怖いもの知らずになってしまうからこのコロナウィルスに対しても同じ様なやり取り(お酒を呑めば尚更!可愛い女の子が側にいれば尚更)があったりしているのだろう。
いつの時代でもそれが若さ所以と言えるだろう・・・。

でも今回のこのコロナ禍は若さ所以の事だからご勘弁を!という話にはならない。若者間だけの出来事に収まらないのだから厄介だ。このコロナウィルスの最大の武器は無症状〜重篤症状と我々に感染防止の的を絞らせ無いこと。すぐ横にコロナ菌保菌者が居ても気付かせないで感染させる手段を持っていること。
だから怖い、そこが怖いのだ。
インフルエンザでも毎年大勢の人が亡くなるのだからそんなに怖がらなくても?というのも分からない訳ではないがでもインフルエンザはある程度正体は分かっているがこのコロナウィルスはまだ未知数の部分が多く劇的変異もあるかも知れない。だからこそ今は用心するに越したことは無いのだ。

用心?一体どんな用心をすれば良いのだろう?現代社会を回す中で適切なのだろう?
軽く考える人もいるだろうし、重く考える人もいるだろうし・・・全ての人を同じくするのは不可能で誰が正しく何が正しいかも異口同音とはならないのが現実。(go toトラベル賛成する人も反対する人もなにがしかの考えがある筈)

出来ることは一つ。自分はどうするかという事。自分がどうあるべきかという事。人様に異を唱えても自分が良しとする答えなんて無いのだから。

自分は今まで通りを貫く。外食はもうずっとしてないし、まだ当分しない。食料買い出し以外はスーパー等には行かない。これも今まで通り。釣りはする、でも敢えてではあるがまた当分1人釣行にする。人と接する時はマスクする。
あと1点。人に強要しない。(人にとやかく言うほどコロナの正体を知っては居ないと思うから。)


三密を避ける!これが自分が良しとするコロナ禍対策であり、それ以上それ以下でもない対策は現時点では取らないつもりでいる。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
スポンサーサイト



category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する