fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

それでも楽しかったと思える時はある! 

2021.01.18 Mon 17:39
今日も風は強い予報だが明日からの火曜日と水曜日はもっと強い風が吹く、気温もグッと下がる。

ならば今日。

昨日の今日で釣果の方はアテにならないが、行ける時に行く!それでいいんじやないかな?

昨日は沢山釣れる予定で駄目だったけど今日は最初から釣れないかもと思っての釣行だから尚更の事、

釣れなかったとしてもそれはそれでいいんじゃないかな!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
海岸に着くと流石に釣り人は少ないね!そりゃそうだよ、平日だからね!

そう言いながら昨日と同じポイントに車を停めた釣友Dさんと2人で目をやった先には約束していた釣友Tさんが既に居て釣りを始めたばかりの様子。

挨拶をして後の第1投。仲良く3人竿を並べて昨日の結果や今日の予想などを談笑。風に押された道糸は緩やかな弧を張っている。
その緩やかさは風はまださほどでも無いと言っている。が、どうしたことだろう?海底の砂が柔らかいのか5色からのサビきはずっと重いまま。
その重さが今日の釣りは厳しいぞと言わんばかりに手にズッシリと伝わってくる感じだ。

釣友Tさんはそれを察知していち早く場所を50メートル程横移動しての1投目ですかさず本日の初キスを上げる。流石だ!

自分は柔らかい砂から解放されて4色の中程になった頃にズズズというアタリ。巻き上げるとピンギス1尾とスパッと切られたハリスが1箇所。ズズズは多分グーフーでピンギスは5色の中の柔らかい砂の中でだったのだろう。

次は3.5色で明確なアタリ。そう言えば昨日はこんなアタリは一度も無かったっけの良型18センチだった。ピンギスもこのキスもハリは腹の中。これならばアタリがあっても慌てて回収しなくても良さそうだから今度はヒットポイントを重点的にじっくり探って見る。しかし次は来ない。ゆっくり探った時はエサが全部なくなってしまうから手元に感じないようなエサ取りがいるのだろうか?ゆっくりサビきが信条のDさんも同じくハリにエサが無い。

やっぱりキスは少ないのだろうねと又3人竿を並べて話しながらの釣りとなる。

最初に巻き上げたのは自分で「アタリあった?」「うんともすんとも来ない。」と雑に巻き上げて見ると「あれっ?」良型キスが1尾。恥ずかしいので首を傾げて愛想笑いも、心中はウレピーに決まっているさ。

冷やかしの言葉はTさんだったが、その後にTさんも「あれっ?」と首を傾げた事は内緒にしておこうぞ。

今日は何だか楽しい!そりゃそうさ、竿を並べているのは仲の良い3人だからね!釣れても釣れなくても楽しみ方を知っているからね。

で、今日のハイライト↓
202101181727433a5.jpeg
良型キスのダブルです!

その後は乗り遅れていたDさんが立て続けにキスを釣ったが砂つぶてが舞い始めたのを機に納竿となりました。

今日の結果は5尾。たった5尾!されど、楽しさを体内に詰め込んだキスさんたちでありますよ!
20210118172742b36.jpeg

リベンジ?

もちろん、なる!でいいでしょう!
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
スポンサーサイト



category:遠州灘へGO!
comment(0)| trackback --
記事編集

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する