fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

変則仕掛け考③ 

2021.03.09 Tue 20:13
変則仕掛け考、3回目にしていよいよ本題の部分です。

オモリ、天秤、派手仕掛け等々今迄様々な工夫をして来たが連結仕掛けの事をあーだこーだ書いていてふと思った事が「何故ハリ間隔は等間隔なんだろう?」という疑問でした。

季節によって、キスの食い方によって、魚影の濃さ薄さによって変則的なハリ間隔構成の仕掛けがあっても良いのではないか?そう思った訳です。妄想大好き男がそう思っちゃったからには・・・(汗)。考えちゃう訳です!

例えば(以下、8点バリ仕掛けでの釣りを前提として考えています。)
春先ーシーズンイン当初、半日でツ抜け出来れば御の字って時。 たまに釣れるキスはどちらかと言えば先バリに付いている確率が高い。

そんな時、等間隔な8点バリでは無く↓
2021030919342838d.jpeg
(例として適当に書いて見ただけです)
左の絵ー先バリ辺りのハリ間を短めにして密集?して付けた仕掛けにしてみる。元バリ近くは徐々に間隔を広く取り全長が長い仕掛けにする。
中の絵は元バリ近くを2本にして見ただけ。
右の絵は全長をもっと長くして8本バリ仕掛けをサビくと言うより4本バリを2本同時にサビくというイメージ?
(ひょっとしたら魚影の薄い春先の釣りに有効?という妄想です)

↑ちょっとバカバカしいかも知れないけれどやってみる手もあるんじゃ!って思わない?

やたらと元バリの方ばかり食ってくる時は?とか

活性が高くキスが暴れてしまい最初に付いていたキスが外れちゃってる?なんて感じた時?とか

色々想像して、自分だけの変則仕掛けを考えるのも楽しいと思うんだけど、どうでしょう?

そう言えば!シマノのジャパンカップはハリ数が10本までになる?(なった?)らしいからジャパンカップ対策として人と違うことを試して見るのも良いかも?

因みに自分は今度釣りに行く時に春先用のハリ間変則仕掛けをもっとじっくり考えて作って試してみるつもりです。

どうせ、ダメ元だし!ね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
スポンサーサイト



category:釣り雑記
comment(0)| trackback --
記事編集

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する