fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

尽きて候! 

2022.01.10 Mon 18:30
今日の釣行は目標としては限りなく20尾以上を求めてではあるが実情は限りなく○ボの可能性の方が圧倒的に高い状況である。
なので少しでも投げる回数を増やす為に朝7時には浜に到着する様に家を出た。
場所は三軒屋海岸の河口寄り。
釣り始めは自転車を止めて突堤沿いを真っ直ぐ海に向った所から。ここから河口先端まで見渡せる。河口先端までルアーメェェンが10人位で多分彼らの車だろうが7、8台の4WDが河口まで点在。投げ竿を持った人は見当たらない。
見ただけで釣れてなそう?とわかる感じで苦戦の2文字が嫌でも頭をよぎる。

1投目、ハリ数は8本。追い風なので軽く投げても6.5色辺りに着水。1投目はいつでも心地良い緊張感があり身が引き締まる。どこでアタるか分からないのでじっくりじっくりと3色までサビき回収。何事も起こらずで、エサはハリに8つそのままの状態。これでは望みなし?と1投しただけで河口まで緩やかに続くワンドの中間点まで移動。ここでも1投。エサは8つ、又々そのままで戻ってきた。その後1投しては移動し河口先端まで辿り着く。河口先端までは400メートル位なのかな?かなり距離が短くなっていて天竜川から吐き出される川水が三軒屋寄りとなっている。河口先端や河の中にも投げて見るがエサ取りの気配すらない。この辺りで4〜5投したが一度だけグーフーが2連で上がってきたがそれ以外は生命反応なし。
その後戻りながら投げ続けるもその間エサは8つ、やはりそのままであった。

戻り切った地点で動くのを止め左右に投げ分ける釣り方で何投目だったか?ハッキリとしたアタリがやっとのことで入った。朝からずっとエサが取られない状況だったので○ボの覚悟をしていたが何とか1尾釣れた!でも後が続かずもう一度河口先端を目指すも状況変わらずまた元の地点まで戻りこの時点で2往復となった。身を軽くする為クーラーなしで来たので歩き通し、立ちっぱなしであった。流石にバテて座りたくなったので突堤から西の浜の方へ移動。座るのに丁度いいテトラのある場所で投げた後で腰掛けてひと休み。気力は残っていたので神経集中して投げ返す事数投目に
20220110151038dc3.jpeg
よもやのダブル(16センチと17センチ)。時は既に10時半過ぎの事でした。
これで息を吹き返したのか体力回復、気力充分。その後も数投して駄目だったので思い切って工事中の砂山を乗り越えてテトラ間ワンドまで足を伸ばしそこでピン1尾。そしてまた戻りつつ投げつつ、最初の地点まで戻って来た。戻って来たというより辿り着いたと言った方が正しいが。(苦行僧かっ!)
時間は午後1時。もう体力は尽きていた。残るは気力のみであったが午後2時半、その気力も萎え
尽きて候となり納竿とした。

これでもう、ここ三軒屋はやり尽くした。心残りは無い。
この後は心置きなく駒場、平松、鮫島へ気持ちを入れ替えられる事だろう!

そうそう、昨日爆った場所。今日は撃沈との事。その前々日に自分達がやった場所の方がまだマシだった様子。

202201101510527a3.jpeg
よくぞ釣れてくれましたの計4尾。16センチ〜17センチ3尾。12センチ1尾。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
スポンサーサイト



category:自転車チャリ男釣行記
comment(0)| trackback --
記事編集

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する