fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

思い出語り② 

2022.01.19 Wed 20:25
釣りを始めて3年目位まではハゼ釣りが楽しかった。

前浜での釣りは男ばかりだが会社には投げ釣りはやらないけどハゼ釣りはやるという人が多くいた。男も女も。
女と言ってもオバチャンばっかりだけど男ばかりの釣りよりかは全然賑やか。おっちゃん達も普段より良い所見せようと鼻の穴を膨らましていたな。
2022011919441075c.jpeg
(懐かしさMAXの30年以上前の写真だ)
先日も書いたが当時若手中の若手(30歳過ぎてたけど)の自分の所にはオバチャン達が競う様に作った手料理を次から次へと食べて食べてと持って来てくれた。どれも美味しかったが「美味しい」の一言を待つオバチャン達の熱視線だけは恐ろしかった。が、そんな事は勿論言わない!言わない!言ったら最後強烈なヒップドロップが待ってるからね。

自分はハゼ釣りだけは当時から得意だった。束釣りは当たり前、2束以上なんて事もあった。
釣り場は浜名湖の山崎、白山鼻方面が多かった。型はせいぜい13センチ前後だったけど、あのギュウウウーンという糸鳴りと手応えが堪らなく興奮を誘ってくれて楽しかった。

投げ釣りが様になって来た頃からは天竜川の河口、福田港前外向きに流れる細い川の中、福田港内とへ1人でよく行った。福田港内のヘチ狙いでのジャンボハゼの手応えは今でも手に残っている。この頃の竿は延竿ではなく270センチ程度のちょい投げ竿でメーカーはNFTを愛用していた。(後にキス釣り用として初めて買った並継竿もNFTだったな。3万円台で買えたからお手頃でした)

その頃のキス釣りは自分にとってまだまだ3番手、4番手と言った頃の昔語りでありました。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
スポンサーサイト



category:日記
comment(0)| trackback --
記事編集

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する