fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

見てよこの大きさの違い!(ハリ) 

2022.08.11 Thu 16:32
今日は三軒屋海岸へ行くつもりで準備万端整えていたのだけれど朝起きて波予報とライブカメラ見て断念。

こうなるとコロナ禍、迂闊に外出したくないのでもう何にもやるべき事がありません。

遠州灘の横っ腹に出現した(熱帯低気圧→台風→熱帯低気圧)
逆戻りしたとはいえ普通の低気圧よりパワーは強力なのでこれで今週の釣行は台無し、現役組の折角の連休も台無しですね。行くとしたらお西ですかね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で暇なんで今日は最近使ってみた大キスバリのお話をば。

20220811150936fe3.jpeg
上がキスペ5号で下がキスペ9号。長年5号クラスを主に使ってたけどなんて小さいのだろうね。

最近、小さいキスを出来るだけ釣りたくないとの理由から8号、9号クラスのハリを何度か使って見たんだけれど5号のハリと比べてこんなにも大きいのに12〜13センチのキスが思ってたよりも(釣れてしまう事は想定してたけど)当たり前の様に釣れちゃうので思いの外驚いちゃって。
大きいハリでもこれだけ小さいキスが当たり前の様に釣れちゃうと言う事は、逆に小さいハリを使うことによりバレたりすっぽ抜けたりするケースもかなり多いのかも?と疑心を抱く感じに逆になってさ。

なので、もう少し意識的に検証して見ても面白いかも!って考え始めた訳。

で、プライベートの時はここ暫くは大バリ(7〜9号クラス)と5号クラスをその時の状況で交互に使う感じで釣れる数やら掛かり具合やらを肌で感じて見ようと思ってね
20220811150939adb.jpeg
今まで通りの小さいハリ結んだ仕掛けは沢山あるので大バリ仕掛けを数種類ね、作って見てるんだ。

最初の検証としては

始め小さいハリの仕掛けでやって見て、もしアタリがあっても乗らなかったり外れるケースがあったら大バリ仕掛けでやって見たりとか大バリから始めてその逆をやって見たりが面白いかなって事。

もしだよ、5号6号のハリ仕掛けでアタリがあっても乗らないケースが多い時にオモリや天秤やサビキ方などでなく大きいハリに変えただけで改善されたって事が起こるケースがあったら痛快じゃんねー!

一度でも(いや2、3度は欲しいかな?)そう言うケースが検証結果としてはっきり実証されたとしたならば仕掛けケースに常に一巻き大バリ仕掛け用意しとかなくっちゃ!って事になったりしてっ!
さっ!
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
スポンサーサイト



category:釣り雑記
comment(0)| trackback --
記事編集

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する