fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

5メートル先のキスを狙い撃ち! 

2022.11.05 Sat 19:18
何でだろう?波が落ちてくれないな!

朝7時に家を出て県境、潮見と釣り場を求めるも感じが悪くやむなく渥美半島を西進し良さげな海岸を探す。

途中入った情報では堀切も波ドーンらしい。壁ドンなら鱚姫もクラッとしてくれるだろうが波ドンではソッポ向かれるのが落ちなので渥美の先端に行くのは止めて渥美の中間部で釣れそうなポイント探しを始める事としました。

結果として入った場所のポイントが狭いので場所特定は控えさせてもらうが繊細な技を駆使した釣りを思い掛けずも楽しむ事が出来たラッキーな1日となりました。
そんなラッキーだった今日の釣りは波口から7〜8メートル先はシャバシャバな中、その手前から波口までの5メートル間でキスを釣る釣りだったのでありました。

と言っても、その5メートル間の中でならばどこでもキスがアタるという釣りでは無くて実際には川の中の精々1メートルの範囲を釣る様なシビアな釣りで、そこを逃すとかなりの確率でスカを引く様な釣りであった訳ではありますが・・・。

この日の潮の流れは左から右。最初は4色や5色投げたけど釣れたキスは1尾のみでグーフーでハリを取られる釣り。左側へかなり歩いて数箇所やったけど1尾も釣れず、諦め半分でやってみたのが波口狙いでありました。沖を狙ってた時はショート発泡の25号でしたが波口の釣りで使用したオモリは12号の上越オモリ。潮の流れに流され過ぎず適度に流される重さがこの号数でした。(同じ形の17号上越オモリだと動きが悪い)
軽いオモリなので正面から下流に流すと道糸の抵抗で流されながら手前に寄り気味になるので道糸の抵抗を極力避ける様に流れの上流(立ち位置から左へ5〜6メートル斜め)に投げてオモリが極力真横に流れるイメージで道糸の弛みを巻き取っているとやがてビビッとした小さなアタリが入るという按配でした。

1尾目を釣った時のアタリも小さくて16センチクラスのキスでもビビッとした極ピンみたいなアタリ。次も同じ様なアタリだったことから川の中を動き回っているキスでは無くて小さな狭い範囲のディボットで居食いしてるキスと想定しながらの釣りは大変面白かったです。

上手くすると
202211051808478fe.jpeg
ダブルや3連もあったが殆どが単発。でも投げる度にほぼカラ無しで釣れたのですからそりゃ楽しいに決まってますよね。1尾ずつで数の伸びは悪いがツ抜け、そして15尾まではスムーズに釣れ続きました、です。
が、
段々と潮が満ち込んで来てシャバシャバだった所がシャバシャバからダバンダバン的な波立ち方に変わり始めると川の中の流れも強くなり12号のオモリではコントロールが効かなくなりキスのアタリが数投途絶えた。でも17号のオモリにチェンジしたらまた1投1尾が始まり最終的に22尾と20尾を超えた所で既にお昼も過ぎた事もあり納竿としたのでありました。(納竿前も連続で1投1尾だったので多分その後も釣れたと思うが)

今回の様に考えた通りの狙い撃ちでキスが釣れた時の楽しさは格別!
今年のベスト3に入る楽しい釣りだったなぁとブログ書きながらニヤニヤしてるキャバ男なのでありまする!
20221105165353f60.jpeg
サイズは最大で18.5センチ。17〜18センチまでが6尾。14強〜16センチがアベ。ピン1尾、ピン姉2尾。

釣りは自己満足が大事!狙い通りの釣りがたまたま出来たに過ぎないとしてもね!
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️
スポンサーサイト



category:遠州灘へGO!
comment(0)| trackback --
記事編集

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する