fc2ブログ
 

キャバリアの鱚’s cafe

鱚の投げ釣りのブログです。

最近はこんなのを 

2023.04.30 Sun 17:11
20230430163604a8b.jpeg
一時期、砂ズリを付けない時もあったけど最近は2種類のこんな砂ズリを使い分けています。
左側はナイロンテグスを2本撚りにしてその先端に発砲シモリ玉を通してあるもの。右がササメの便利屋さん「便利糸」を砂ズリ代わりにしたもの。
用途は大まかに言ってシモリ付の砂ズリは波が無く穏やかな海の時やフワフワ感を出したい時に、便利糸を使う時は海が多少荒れ気味の時や底を這わせたい時に、です。
この事を基本ベースにその時その時の感覚次第で天秤、オモリ、砂ズリの3要素を使い分けている感じです。
20230430163559113.jpeg
シモリ玉は2種類の大きさ。砂ズリの長さは15センチ、30センチ、70センチの3種類。
202304301636012d3.jpeg
便利糸の砂ズリは30センチ、45センチ、55センチ、70センチ、1メートルの5種類。

シモリ玉付砂ズリはサビいた時にどんな動き(フワフワ感が出る出ない?)をするのかは実際のところは分からないけど、イメージとしてはサビいた時に少しフワッとしてくれるかなぁ?ってのを期待して使い、便利糸砂ズリは(丸まったりヨレたりしないので海底に直線的沈んでいるイメージ)サビいても仕掛けが常に海底に沈んでいる状態をキープしているのを期待して使ってる感じです。

どんな風に使い分けるかはあくまでも直感頼りですがこれまで使って来て多少はこういう時はこう、こんな時はこう・・みたいな良かったケースの時の判断基準は少しは身に付いています。

正解という答えは無いけど、無いからこそ想像しながら使い分けてみる!それだけで釣りの楽しさがより膨らんでいくんだよね、実際さ。
- [ ] にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
↑ポチッとしてね❣️リンクにシン・浜松多鱚会を追加しました
スポンサーサイト



category:釣り雑記
comment(0)| trackback --
記事編集

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する